安心・納得のお葬式業者を探そう!オススメの葬儀業者6選

TOP > お葬式について > 昔ながらのお葬式は減りつつある

昔ながらのお葬式は減りつつある

昔ながらの会葬者をたくさん呼ぶお葬式は減りつつあります。
とくに都会ではその傾向が顕著で、実に都市部のお葬式の50パーセントは家族葬と言われるまでになりました。
家族葬は第一候補になったと言ってもいいのかもしれません。
市民権を得た家族葬ですが、まだまだ誤解している人も少なくないです。
家族葬を費用負担の少ないお葬式と認識している人が大勢います。
しかし、家族葬であっても棺や祭壇のランクを上げれば、一般葬よりも高額になることはあります。
その点は勘違いしないようにしておかないといけません。
また、最近は家族葬以外の形式も注目されるようになってきました。
直葬や一日葬、リビング葬などもあります。
密葬をした後、お別れの会を開くことも珍しくなくなってきました。
色々な形式の基礎知識は持っておいて損することはありません。



お葬式は細かい部分で毎回変化をしてきている

お葬式は亡くなった人に対する最期のお別れの儀式です。
この儀式を行う場合には決まりきった厳密なスタイルというのは存在しません。
というのは一応のルールというのはあるけど、それは宗派や地域ごとに微妙に違うし、同じ宗派や地域内でも時代とともに徐々に変化をしてきているからです。
そのため他人の家、それも他地域の家の葬式に参列したとすると、その細かい違いの数々に毎回驚かされることになります。
その細かい数々の違いの一部では祭壇に飾るお供え物が微妙に何かがなくて、逆に何かが追加されていたりなどする場合があります。
またお線香をあげる本数もよく見ると微妙に違ってる場合もあります。
2本の地域もあれば1本だけ、あるいは3本一気に供えるところも存在しています。
その儀式で最後に登場するのが霊柩車の存在です。
この霊柩車の存在が時代差を反映している象徴そのものとなります。
かつての霊柩車は宮型が主流で外観が派手な装飾でしたが、現在は装飾のない洋型が主流で、しかも喪主以外の人も乗車できるリムジン式が増加傾向となります。
この装飾のない洋型が主流になったのはよりいっそう地味を求める現在の日本の傾向と一致しています。
現在の日本の葬儀スタイルはより少人数でより簡素を求める家族葬が主流になりつつあります。



お葬式の費用は規模によって違ってきます

世間一般的に知られていることは、お葬式の費用は非常に高いことなのでないかと考えられます。
しかし実際は規模によって費用が大きく違ってきますから、費用が気になる方は専門のスタッフに希望している規模の見積もりを出してもらうようにしましょう。
そしてスタッフの方に見積もりを出してもらうと同時に、口コミで自分が希望している規模のお葬式を行った方の体験談を確認するようにしてみてはいかがでしょうか。
それはどうしてかというと、具体的にどれくらいの費用がかかったのかを確認することができるので、相場を簡単に把握すえうことができるようになるからです。
相場を把握することで、無駄なものをどんどん省くことができるようになりますし、もっと簡単に優良業者を効率良く選択することができるようにもなるのではないでしょうか。
お葬式の費用が気になっている方は、これらのことを考えながら準備するようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP