安心・納得のお葬式業者を探そう!オススメの葬儀業者6選

TOP > お葬式について > お葬式の流れとはどのような感じか

お葬式の流れとはどのような感じか

社会人にもなると多くの方が一度はお葬式に参列する機会が出てきます。
遺族側としてはこの時の心境は痛烈なものになります。
参列者側としてもその感情を逆撫でするようなマナー違反な行動などは大人として避ける必要があります。
気をつけるべきポイントとして持参物や服装などありますが、当日の流れも把握しておく必要もあります。
まず、開催の案内が届きますので、基本的には様々な用事があるでしょうが、優先して参列するようにしてください。
そして、当日会場に到着するとまずは受付を済まします。
その後会場内に入ります。
お葬式が始まると司会や遺族、お坊さんの話などあります。
その後、お焼香がありますがやり方など決まっておりますのでマナー違反のないようにするようにしてください。
そして、故人との最後の別れの挨拶を行います。
遺族側への挨拶もしっかとしてください。
それが終わると終了というような流れになります。
大人としてしっかりとした立ち振る舞いをしてください。



お葬式は何故執り行わなければいけないのか

お葬式は出来るだけ行いたくはない、避けたいものだと考えている人は多いです。
誰しも大切な人との別れは避けたいことです。
しかし必ず人には死が訪れます。
別れなければいけない時が来ます。
しっかりと見送ることはけじめをつけることに繋がります。
何故儀式として執り行わなければいけないのか知らない人もいるようです。
故人のことを考えて行うということもありますが、遺族が故人との別れを意識して、これから先の人生をしっかり前を向いて歩いていくことが出来るための儀式としても考えられます。
そこで亡くなったという事実を受け入れることができるようになります。
気持ちの中ではまだ生きてはいても、肉体はなくなってしまうという認識をさせるためにも儀式として行うことが必要になります。
昔は就業的な儀式として考えられていましたが、最近では遺族向けと考えられています。



お葬式にかける費用はどんどん少なくなっている

昔はお葬式にお金をかけることが故人の供養になると考えられていました。
しかし、最近は富裕層などを除き、お葬式にお金をかけるのはムダと言われるようになってきています。
実際、2003年頃はお葬式の費用の平均は230万円を超えていましたが、近年では180万円を下回るほどです。
今後は高齢化が進むことが確実視されていますが、葬儀にかける金額はさらに少なくなっていくでしょう。
それにともない、家族葬が主流になることが予想されます。
会葬者が少なく、費用もそれほどかかりません。
一般の葬儀と比べて半額以下になることも珍しくないです。
しかし、メリットは費用が抑えられると言うだけではありません。
会葬者は少ないうえに、ほぼ身内しかいないです。
遺族は会葬者の対応をほとんどしなくてOKなので、故人とのお別れに時間をかけることができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP