安心・納得のお葬式業者を探そう!オススメの葬儀業者6選

TOP > お葬式について > お葬式に参列する時のマナー

お葬式に参列する時のマナー

 お葬式に参列することは、そう頻繁にあることではないのでいざ参列するとなるとマナーがわからず悩むことも多いのではないでしょうか。しかし葬式は故人や遺族にとってかなり重要なシーンであり、知らなかったで済まされることではありません。
まず第一に気をつけておかなくてはならないのが、身だしなみではないでしょうか。男性も女性も基本は喪服を着用するのが基本となっています。黒色が基本ということは当然ですが、色だけではなく素材にも気をつけておくようにしましょう。光沢があったり、派手なボタンが付いていると葬式には適した服装とは言えません。もちろん靴にも気をつけておく必要があります。身だしなみは葬式の前にチェックしておくことができるので、注意しておくことができる部分ということは確かです。

 服装のマナー以外にも髪型にも注目しておく必要があります。男性も女性も、派手な髪色は避けるようにしておきましょう。清潔感のある見た目にしておく必要があるので、髪の毛の長い人は一つに束ねておくべきです。
その際には、黒や茶色のゴムでまとめるようにし、派手な髪飾りやシュシュは使うべきではありません。女性の場合はメイクにも気をつけておくようにしましょう。派手なメイクをするのはマナー違反となりますが、だからと言って大人にも関わらずノーメイクで参列することも失礼にあたってしまいます。ナチュラルで色は使わないようにし、ラメの入ったものも使用しないようにしておくべきです。もちろんネイルにも気をつけておくようにしましょう。基本的には何もつけずに参列するのがマナーと言えます。

 葬式当日は遅刻しないようにするというのは最低限のマナーとなっています。しかし遅刻してはならないからと、あまりに早く到着しすぎるのも迷惑をかけてしまうことになるので避けておきましょう。葬儀会場に入ってからは大きな声で話したり、遺族に話しに行くべきではありません。
携帯電話の電源を切ったりマナーモードにしておくということも、必要最低限のマナーとなっています。立ち振る舞いなど気をつけておかなくてはならない点が数多くあるシーンということは間違いありませんが、わからない場合には葬儀業者の人に聞いてみるというのも一つの手段です。参列する立場なのか、遺族の立場なのかによって気をつけておくべきポイントにも違いはあるので、立場を考え失礼にならない対応をするようにしておく必要があります。

カテゴリ

PAGE TOP